離婚後の生活を支える公的な援助

離婚後、ひとり親で子育てと生計を一人で担うのは大変です。母子家庭なら生活費などの金銭面について、父子家庭なら育児の時間が取りにくいなどといった心配が出てくると思います。住んでいる場所の各自治体によって異なりますが、困っているひとり親の家庭をサポートする公的な援助があります。母子家庭なら必ず誰でも受けることができる制度や、お子さんがいれば受けられる制度、所得制限がある制度などいろいろな種類がありますので、自分の環境を把握し利用するといいと思います。

???? Vol.7 ??????????

金銭的な援助としては児童手当や医療費の助成制度、最終的な手段となってしまいますが生活保護などがあります。生活保護を受ける場合には、いろいろな条件がありそれを満たす必要があります。人的援助としてはファミリーサポートセンターやひとり親家庭生活支援事業という制度があります。これは保育園の送り迎えや保護者が病気になった場合買い物を代行してもらえたり、冠婚葬祭や夏休みなどに子供を預かってくれるなどの支援をうけることができるようです。その他、住宅の支援や税金の軽減、公共交通機関の割引などいろいろとあります。これらの制度は地域によってあるものとないものがあるので一度問い合わせてみるといいと思います。